【シチリアの旅を終えて・・】

ウンブリアやトスカーナ地方ののどかでおだやかな、歴史ある町並みが好きな私にとって
とってもとっても疲れました。(笑)
今回のシチリアは何故かいい意味でも悪い意味でも予想を裏切ってくれて・・・・
私の知ってる「イタリア」という国が、まだまだこんなに知らない顔をもっていることを知り、
ショックに似たものがありました。
「シチリア」と聞いて想像するいわゆるマフィアの巣窟、というようなイメージとは程遠い、
田舎の、のんびりとした素朴な風土がそこにありました。

南北問題とよく言われるように、明らかに北部の環境とはかけ離れた世界でしたが、
ミラノやフィレンツェで忘れてしまった、古きよきイタリアがまだここには残っていました。
食事は塩辛いし、人柄も無骨だし、サービスなんてあって無きが如し(^。^;)
でも、神様が与えてくれた大地と風と緑と海、それを大切にして生きている人々のなかに
ほっとするものを感じるのは、おそらく私だけでなかったと思います。

今回残念ながら訪れることができなかった場所にもすばらしいところはたくさん
あります。特に、映画好きな人なら行ってみたい『ニューシネマパラダイス』のロケ地とか・・。
是非、シチリアを訪れる時には、他の大都市と一緒に回らず、シチリアだけにしてください。
豊かな北の地と一緒に駆け足で訪れると、おそらくシチリアのよさをひとつもわからないままに
帰国することになるでしょう。
ブランドも、グルメもないシチリア。そんなシチリアのよさを見出したいと思ったら、

あなたはもう本物のイタリアフリークかもしれません。

え?私?
私がおばさま達に帰りの飛行機のなかで言った言葉を
最後にご紹介すればもうおわかりかと・・・(*^_^*)

(「おばさん達との旅行で楽しめなかったでしょう?」との問いに対し)
「いえ、大丈夫です!また来ますから・・・・」

<HOME> <旅行記TOP>