【この旅を始めるにあたって】

マフィアの住む島、と思っていた。
ブーツ型のイタリアの、爪先の先にある三角形の島。
『グランブルー』『ニュー・シネマ・パラダイス』の舞台。
私のなかの「シチリア」の知識はその程度だった。
ウンブリアやトスカーナ地方ののどかでおだやかな、歴史ある町並みが好きな私にとって
今回のシチリアの旅はイタリア行きとはいえども、あまり魅力的に聞こえなかった。
(新しい会社はじまったばかりだしなぁ・・・・第一おばさんツアーでしょう??(^_^;))
そう、今回の旅は、母の参加しているコーラスの恒例の演奏旅行。
お遊び程度だがイタリア語を勉強している私がいればみんな便利、ってな訳で
人数あわせのなかに無理矢理入れられていた。
(もちろん、旅費は自分もち。我が家は昔からそういう家庭なのだっ。)
総勢20数名のおばさま(おばあ様もなかには・・・)との初めてのシチリア旅行。
まな板の上の鯉・・・そんな感じだろうか。

二年ぶり、しかも大聖年の復活祭を迎えようとしているイタリア。
あのFirenzeでの悪夢の交通事故から、何度イタリアの地を踏むことを夢にみただろう。
そのためにイタリア語も勉強し、次にイタリアに一歩をしるすとき、
それは私にとって、完璧なまでに望み通りの旅でなければならなかった。
だからこそ、次にイタリアにいくときは、練りに練った計画で満足のいく旅を・・・
二年前の旅の「やり直し」は何がなんでもそうでなくてはならなかった。
絶対に・・・・・