1階に下りていくと、ステンドグラスから差すとても柔らかな日差しで温かい雰囲気に満ちていた。

先程牢屋の窄で冷たくなった心がフニャフニャと溶けていきそうだった・・・。