煉瓦造りの可愛い教会の横に
ルルドの聖母が。

このルルドを作る際には、
本場のルルドから
聖水が運ばれらしい。
また、マリア像の周りの洞窟は、
近隣の住民や信者が大きな石を
山の下から
持ち運んでひとつひとつ
積み上げたものだ。

私達はちょうど同じタイミングで到着した
オジサマ団体と一緒にシスターの説明を
受けることになった。
あちらは普通の観光旅行だったのだが、
こちらは巡礼ツアーということを知ると
「ほぉ〜っ!へぇ〜っ!」とかなり
珍しそうなリアクションをされてしまった。
ああ、恥ずかしや、恥ずかしや・・・(^^;)