鯛の浦 教会 

上五島における布教の中心地として1881年に建てられた鯛の浦教会。
もともとは手前の木造瓦葺の建物だけであったが、戦後にレンガ造りの鐘楼が建てられたそうだ。この鐘楼のレンガには、被爆した長崎の浦上天主堂のレンガも使われている。

・・・っていうか、私達が乗っているバス、ドア開けまくりやん(^^;)